ジムなびニュース

BOSTY(ボスティ)のトレーナー陣のコンテスト実績まとめ

更新日:

【BOSTY(ボスティ) 大宮スタジオへの申し込みはこちら!】

(アフィリエイトリンクを貼る)

【BOSTY(ボスティ)のトレーナー陣のコンテスト実績まとめ】

阿部一仁

BOSTY設立に至るまで、ダイエットをゴールとせず、理想のカラダを作るジムを作りたいという思いから立ち上げました。
設立からすぐに、業界初、腹筋専門ジムとしてメディアに注目され、その技術が次々と取り上げられ、短時間で効果のでるトレーニング技術が証明されています。

コンテスト出場歴
2014年 RIZAP社内ボディメイクコンテスト 優勝
2015年 サマースタイルアワード 7位
2015年 NPCJオールジャパン フィジーク 準優勝
2016年 NPCJレジェンドクラシック フィジーク 準優勝
2017年オリンピア ラスベガス出場

 

植村 明

数々の大会で優勝や上位入賞を常連とし、2018年ついに日本一を獲得。
丁寧で分かりやすい接客指導から、ダイエットやボディメイクを希望する女性からも好評。また、同年代の経営者からも、肉体改造に年齢が関係ないことのお手本として厚く支持される。

濱野 汐梨

見た目は優しそうですが、トレーニング指導はお客様の限界ギリギリ上を攻めます。良く目にする重い・キツイはやった感が出ているだけで狙った筋肉に効いているかは別です。しっかりとお客様のレベルを把握し、お客様にあったフォームにてご提供致します。自身も大会に向けて週6でトレーニング中ですので、ご自身に合ったトレーニング方法を見つけたい方は是非一度ご相談ください。

茂見 祥平

大会上位入賞は常連。アジア大会優勝を目指し休むことなくトレーニングで自分を追い込んでいます。
代表阿部の技術を自分のものにする為、お客様指導へは日々入念な研究を行う。
トレーニングレパートリーが多く、女性から男性まで飽きっぽい方にもウェイトトレーニングを楽しんでもらえます。

日本で行われているボディメイクコンテストを調べてみた

 

-ジムなびニュース

Copyright© ジムなび , 2020 All Rights Reserved.